『雲隠れシンフォニエッタ』観劇

芸術集団れんこんきすたさんの舞台
『雲隠れシンフォニエッタ』を観劇しました。




紫式部によって紡がれた、日本最古の一大絵巻、源氏物語
その最終巻は未だ原文が発見されておらず、わかっているのは『雲隠れ』という副題のみ。

『雲隠れ』とはどんな内容だったのか。
作・演出の奥村千里さんが導き出した一つの結論、それが今作です。






光源氏や頭中将の凛々しさ
源氏が愛した姫君たちの華やかさ
美しい日本語による掛け合いなど、見所も盛り沢山!

そして何より、普遍的な男女の関係性がこれでもかと描かれています。
源氏物語が千年経っても色褪せない理由もそこにあります。

そういう意味で今作は、まさに源氏物語の結びでありました。


そして『雲隠れシンフォニエッタ』には、劇団Nadianneの景山伸子も出演しています。
源氏の正妻、葵の上役でした。


気高く、美しく、煌びやかな葵の上。
感情を押し殺したかと思えばすぐに爆発もさせる難しい役。
普段の柔和な景山とは違う、鬼気迫る演技を見せてくれました。

姫君たちはトリプルキャストなので、他の組がどのように演じられているのか、そこも気になるところです。


ちなみに、今作の脚本も販売されていました。


ブロマイドは景山と、光源氏役の中川朝子さん。
こちらは代金振込特典でした。


源氏が見る、うたかたのような美しくも切ない夢。
その夢に酔いしれることができたひと時でした。






Follow me!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください